So-net無料ブログ作成

「嵐の前の

静けさ」で、街は人通りも少なくひっそり静かだった。金曜日から始まったオイスターフェスティバルで賑わう前日、ゴールウェイの街を訪れた。街に着く頃、私達はFish & Chipsの口になっていた。
泊まったのは去年宿泊してすっかりお気に入りとなったB&B。そこの素敵な経営者ご夫妻のお世話になった。今年は3人となった私達に『ゆっくり食べといで』とkomomoの面倒をご夫婦で見ていて下さった。おかげでkomomoがぐずるのを気にせず久々に、夕食も朝食もゆっくりとる事ができた。
アイルランドに来てから色んなB&Bに泊まったが、ここは経営者ご夫妻の人柄とセンスの良さを感じる素敵なB&B。いつか大きくなったkomomoを連れて、このご夫妻に会いに来たい。

次の日ゴールウェイを出発し、向かったのはコネマラ地方。晴れたり降ったりのぐずぐず天気の中、大自然をバックに牛や羊がのんびりしている景色を見ながら、ゆっくり車を走らせる。ちなみにこの辺りの羊さん達のしっぽも長かった。

宿泊したのは、その昔、貴族や富豪達が田舎に建てた邸宅であるカントリーハウス。1856年に建てられたZetland Country House Hotelは外観も古めかしく、お部屋の床も階段もギシギシと音が鳴っていい感じ(笑)。ヨーロッパにいるうちに一度体験してみたかったこういったホテル、数々のアンティークに囲まれた滞在だった。

キャッシェル湾を眺める朝食時の景色はとてもきれい。虹も出ていた。

それにしても、昔はなんでベットをこんなにも高くしたかな?と寝ながら考えていた。登るのも大変だし、落ちたら痛そう。

写真では判りにくいが、かなりベットが高くなっている。
さいわい朝まで落ちずに寝れた(笑)。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。